今年の1月から始まった箕面学園附属幼稚園のカマキリ先生の生き物教室(アフタースクール)も3月7日が最終日でした。年長さんを対象にした教室なので、今日で辛いお別れでした。

笑いあり、涙ありの3か月でした♪

3か月という短い期間でしたが、はじめは生き物が苦手で逃げ回ってた子も今では立派なカマキリ使い!!
引っ込み思案だった子も手を挙げて、自分の意見を言えるようになりました♪

この3か月での経験を、小学生に上がっても、大人になっても、活かしていってほしいです。

〇教室の最後に子供達や保護者の方に伝えたこ、
「自分の経験や学んだ知識、自分の言いたいことは人に伝えていかないと意味をなしません。大学受験までは、知識をペーパーテストに書いて評価されるが、社会に出たら自分の意見をきちんと言って相手に伝えていかなければいけません。だから、ここでの経験を今後の人生に役立ててほしい。」と伝えました。

みんなが、将来大人になったとき、結婚して子供ができたとき、次の世代の子供達にも伝えてほしいです。

昆虫や生き物は気持ち悪い~」という大人の一言で子供たちは汚いものだと思い、また命の大切さや生き物や自然に対する興味や好奇心を奪ってしまうことになります。

でもみんなはもう大丈夫! 将来は、、

ママはどうして虫がさわれるの?」→「それはね、私が幼稚園の時にカマキリ先生という少し変な先生に生き物のことを教えてもらったのよ~」→「へぇ~ママすごい~!生き物のことを教えて~

こんな日が来る日を、カマキリ先生も楽しみにしています。

本当に、みんなありがとう。